シルエット天国〜ラブ

ロマンスといえばシルエットシリーズ、その中でもシルエット・ラブストリームばかり集めて楽しんでみました。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

残酷なランデブー (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
妹のヘリーンが死体で見つかった。イーデンにはまだすべてが信じられなかった。両親の死後、親代わりとなって育てあげた、たった一人の肉親。命を懸けても、犯人はかならず見つけだすわ。妹のわずかな遺品のなかに、イーデンは一通の招待状を見つけた。貧しい学生が、こんな豪奢な舞踏会に招待されるのはおかしい。ヘリーンになりすまして舞踏会に潜りこんだ彼女は、偶然にもそこで意外な人物と再会した。ハンター―七年前に失踪した元婚約者が、なぜここに?気づくとイーデンは彼に強引に腕を取られ、ダンスフロアに出ていた。

内容(「MARC」データベースより)
妹のヘリーンが死体で見つかった。ヘリーンになりすまして豪奢な舞踏会に潜りこんだイーデンは、偶然にも7年前に失踪した元婚約者のハンターと再会する。彼の口から聞かされた、意外な失踪の真相とは…。

幻を愛した夜―孤高の鷲 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
きらびやかなパーティの席で、レインはとまどっていた。ドレスは借り物だし、そもそも華やかな場には慣れていない。だが人の悪意を感じとる特殊な能力を持つせいで、この潜入捜査に駆りだされたのだ。付き添い役のエージェント、イーサンがこちらを見ている。初めてイーサンに会ったときから運命を感じたものの、現実主義の彼は、レインをまやかしだと思っているらしい。現に今、美しい銀色の瞳には不信と侮蔑が浮かんでいる。わたしを疑っているのね…。いたたまれずに場を離れた直後、何者かの強烈な悪意に襲われ、レインは不意に気を失った。

内容(「MARC」データベースより)
きらびやかなパーティの席で、レインはとまどっていた。ドレスは借り物だし、そもそも華やかな場には慣れていない。だが人の悪意を感じとる特殊な能力を持つせいで、この潜入捜査に駆りだされたのだ。

荒野のプリンセス (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
アレクサンドラは生まれ育ったアメリカを去り、祖父のあとを継いでカリスタンの統治者となった。問題山積だが、目下の悩みはカリスタンの人口減少だ。相次ぐ戦争で多くの男性を失ったこの国では、アレクサンドラを含め、若い女性ばかりが余っている。ある日彼女は、アメリカ大統領からの就任祝いに驚愕した。届いたのは、毛並みのよい名馬と見ばえのよい男性。ネイト・スローンと名乗る男性いわく、国家繁栄のため“種馬”を活用してほしいという大統領メッセージを携えてきたとのこと。いったいどういう意味?ネイトの誘うような微笑に、彼女は動揺を抑えきれなかった。

内容(「MARC」データベースより)
アレクサンドラは祖父のあとを継いでカリスタンの統治者となった。目下の悩みはカリスタンの人口減少。ある日彼女は、アメリカ大統領からの就任祝いに驚愕した。届いたのは、毛並みのよい名馬と見ばえのよい男性だった…。

プリンスの決断―テキサス・シーク〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
中東の一国バラハールの王女セレナは、美しい衣裳をまとい、花婿の待つ広間へと向かった。その先には隣国ソラジーのマキン王子が待っている。王子は幼いころ亡くなったとずっと信じられてきたが、今になって、テキサスの牧場で暮らしていたとわかったのだ。まさか、このわたしがカウボーイと結婚するなんて!自ら望んだ結婚ではないが、王族なら政略結婚も仕方ない。セレナは沈む心を奮いたたせ、王子の前へ一歩踏み出した。そのとたん、身動きできなくなった。まるで王子の強いまなざしに絡めとられたように。彼なら、緊迫する二国間の状況をなんとかできるかもしれない。そのときのセレナはまさにマキンの魅力の前に屈していた。その王子が実は別人であるとも知らず…。

幕引きは華やかに―闇の使徒たち〈12〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
洗脳を得意とする精神科医ドクター・ブルックス。それが、FBI捜査官マライアの仮の姿だ。彼女は“連合”組織の内部に潜入し、極秘に活動を続けてきた。今回の任務はとくに慎重に進めなくてはならない。ジェイクを無事に救出する過程で、かなり手荒な行動も必要になる。だけど、敵も味方も同時に欺くなんて、私にできるかしら?マライアの治療室にジェイクが運び込まれてきた。彼のブルーの瞳は、何かを企んでいるように輝いている。この人は、なぜこんなに自信たっぷりなの?マライアは必至で雑念を振り払うと、注射針を彼の腕に突き刺した。

内容(「MARC」データベースより)
洗脳を得意とする精神科医ドクター・ブルックス。それが、FBI捜査官マライアの仮の姿だ。今回の任務はとくに慎重に進めなくてはならない。ジェイクを無事に救出するために、敵も味方も同時に欺くなんて、私にできるかしら?

愛したのはボス―闇の使徒たち〈3〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ホワイトハウスのシンデレラにはハッピーエンドは訪れない。早く月曜日にならないかしら。秘書のキャリーにとって、ボスに会えない週末はいつも憂鬱だ。大統領補佐官マット・タイナンは有名なプレイボーイ。わたしみたいな田舎娘を相手にするわけがない。そうはわかっていても、思いは止められなかった。ある日、彼女はマットから極秘調査を命じられる。経過報告のため彼と過ごす機会が増え、キャリーは有頂天になった。親密なディナー、きらめく夜景をのぞみながらの熱いキス…。だが、終わりは突然にやってきた。「きみとはもう会いたくない」キャリーは涙をこらえ、マットの前から姿を消した。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ヴォーン,イヴリン
現在、テキサス州アーリントンで英語教師をつとめている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

レディ・ドラゴン―闇の使徒たち 序章〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
CIAの機密情報局「アリエス」のエージェント補佐ケリーは、局長のハッチに呼び出された。行方不明になったエージェントの捜索を命じられたのだ。この任務に成功すれば正式なエージェントに昇格できる。彼女にとって、これ以上のチャンスはない。だが、ただ一つ問題があった。イーサンと組んでカップルを装い、社交界のパーティに潜入しなければならないのだ。彼はずっと憧れてきた男性。しかも地味で経験不足の私が社交界だなんて。躊躇しているケリーに、イーサンの容赦ない言葉が飛んだ。「一日二十四時間の訓練が必要だ。だから一緒に住んでもらう」。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
マン,キャサリン
大学では演劇を学び、卒業後は小さな町の新聞社で働いたり、教職に就いて演劇学校の校長をつとめたりした。その後、昔からの夢だったロマンス小説の執筆に取りかかる。RITA賞受賞作家となった今は、空軍パイロットである夫の転属に伴って四人の子供たちとアメリカ国内を転々とするうちに、さまざまな経験をし、それを作品の構想に役立てている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

孤独な王女―王家の恋〈5〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
タミール王国のレイラ王女は、初めての恋に浮きたっていた。兄の結婚式で見かけたある男性客に心を奪われてしまったのだ。聞くところによると、彼ケイド・ギャラガーはテキサスの大富豪にして有名なプレイボーイでもあるらしい。レイラは、彼からも熱い視線を送られたように感じ、保守的なタミールでは禁じられている行い、すなわち女性から男性に愛を打ち明けるという行動に出ようと覚悟を決めた。思いきってケイドの寝室を訪れるが、彼はレイラを冷たくあしらう。彼女が泣きながら部屋を飛びだすと、折悪しく父王シーク・アーメドと鉢あわせしてしまった。シークはケイドが末娘を辱めたと勘違いして激怒する。追及する父に対して、ケイドが発した言葉にレイラは耳を疑った。「王女殿下と結婚したいのです。お許しをいただけませんか?」。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
クレイトン,キャスリーン
ロマンス小説の執筆に並々ならぬ情熱をそそいでいる。現在はカリフォルニア南部在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

彼女こそシンデレラ―愛の国へようこそ〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
豪華な絨毯を踏みしめた瞬間、ブリアナは吐き気に襲われた。周囲の誰からも秘密を見透かされているようで、全身の神経がきりきりと痛む。ブリアナは大きく深呼吸し、そっとお腹に手を当てた。いとこの代わりに舞踏会に来るなんて、間違っていた。突然、目の前に漆黒のタキシードに身を包んだ男が現れ、緊張したブリアナはバッグを落としてしまった。「ジョセフ・カスティーリョといいます」男はブリアナの手をとり、唇を押し当てると、熱い視線を注いだ。華やかに着飾った女性たちが遠まきに二人を見つめている。まるでブリアナの知らない暗黙のとりきめがあり、むやみに彼に近づくことはとんでもない無礼とされているようだった。

Book Description
The test was positive! But Brianna Duvaulle couldn't remember how--or by whom!--she'd gotten pregnant. And to make matters worse, the most handsome, gallant man she'd ever met had launched an all-out, no-holds-barred, romantic pursuit of her--too late! Joseph Castillo showered her with gifts and affection, but it was the lure of his passion and devotion that Briana could not resist. Except she didn't expect Joseph to compromise his impeccable lineage for her and her mystery baby--especially when his family had already arranged for him to marry someone else. He's every woman's fantasy, but only one woman's dream come true.
--このテキストは、 ペーパーバック 版に関連付けられています。

華麗なる復讐 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
『闇の貴公子』―闇の世界に名を轟かせる宝石泥棒マイケル・ブラックハートは大金持ちからしか盗まない、いわば義賊だ。今回の獲物は、悪名高い億万長者ビル・ヘルムズのコレクション。パーティに潜入したマイケルはヘルムズの秘書と知り合う。趣味と実益を兼ね、彼はその美人秘書を誘惑することにした。『光さすところへ』“奪われた家宝を取り戻してほしい”アンドレアはある決意を秘めて、旧友ダンカンに仕事を依頼した。元CIA局員のダンカンに彼女はずっと片思いをしていたが彼のそっけない態度は変わることなく、無情にも月日が流れた。今度こそ距離を縮めたい。だが再会の場で彼はやはり冷たかった。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
スチュアート,アン
二十五年以上におよぶ作家生活のなかで六十作を超える作品を発表。栄えあるRITA賞を三度も受賞した経歴を持つ。ベストセラーリストの常連で、雑誌ピープルやヴォーグにも登場したことがある。執筆の合間には、作家集会での講演のため各地を訪れる生活を送っている。夫と二人の子供とともに、バーモント州北部在住

ウィルソン,ゲイル
作家になる前は高校で英語と世界史を教えていた。ロマンティック・サスペンスと、十九世紀初頭の摂政期を舞台にした歴史ロマンスを書き分けながら、北米でこれまで二十作以上の作品をハーレクインから刊行。数々の賞を獲得している。すでに独立した一人息子も教師となり、現在は夫とともにアラバマ州に暮らす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ハロー!江東区!> <東京ぶらぶら> <墨田区紀行> <鶯谷・うぐいすだに> <美容外科> <日暮里 鶯谷 上野 ニュース> <台東紀行> <電子たばこ> <幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク> <台東クラブ> <GOGO!江戸川区!> <鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」> <アキバ中毒のページ> <横浜関内リラクゼーションサロンDIO> <千葉の印刷なら千代田印刷> <高収入バイト情報

oooシブヤをよく知る為のサイトooo パチスロ必勝!in千葉市ooo 山手線エリアのパスタooo 川は生きているooo おもちゃ、ホビー.コレクションooo 巣鴨で散策!ooo 裏千葉ラーメン戦線異状なしooo 原宿をもっと知ってほしくて…ooo リネージュIIクロニクル インタールードooo メイドの土産.comooo GO!GO!九十九里!海水浴は九十九里で決まり!ooo 下町感溢れる足立区を調べるooo 新鮮 魚料理を食すooo ガシャポン戦死!ooo 山手線エリア~洋食屋 王道のカレー&ビーフシチュー~ooo コーヒーにブライト(ノア)さ~~ん!!ooo 千葉県の自然ooo 春日ちゃんのお散歩マップooo デジモク-DIGIMOKU-ooo 千葉は八街のピーナッツを知ろう!ooo